2007
06.25

地球的诞生


原始太阳系是有氢和氦气形成的巨大园盘,以太阳为中心旋转,太阳附近的盘面上,聚集了粉尘状的岩石与金属粒子,它们逐渐成长为微小行星,是形成行星的基础 物质.之后太阳系的氦气体温度下降,多数微小行星相互碰状合体产生了大行星。

现在太阳系的9大行星的卫星便是有此产生,太阳系行星中的靠近太阳公转的水星,金星,地球,半径小密度大,主要为岩状物构成,故被称为地球型行星,离太阳较远的木星,土星,天王星,海王星则半径大,密度小,主要以氢等轻质量元素构成,故被称为木星型行星,冥王星半径和密度都很小,故两者皆非。

刚刚形成的地球比现在要小的多,原始地球周边有存在着很多的微小行星,由于地球的引力不断的产生了微小行星于地球碰状的现象,随着微小星星的不断碰撞地球逐渐增大,由于碰撞而产生能量,原始地球的状态是粘稠状,被岩浆的海洋所覆盖着。着被称为熔岩海(magma ocean)。

这种状态下,铁,镍(nickel)等质量较大的金属,逐渐向地球中心部下沉,原始地球的中心是由金属于岩石交合产生的液态铁质地核,于下沉的重金属互接后产生了现代地核。互接后,原有的中心部产生了现在所有的下部壳,而外侧的熔岩海渐渐冷却后形成了地球的外部壳

月亮是如何形成的
这个问题也是一个很早就很有争议的话题,最近ジャイアントイン.バクト(人名)说的一种学说被广泛肯定.这种说法认为:地球诞生不久就和一块火星般大小的陨石相撞了,撞击产生飞散的碎片的集合便产生了月亮,之后,月亮表面经过了无数的陨石撞击

[日本語版]

原始太陽系は水素とヘリウムガスの巨大な円盤で、太陽を中心に回転していた、太陽に近い円盤の面でちりのような岩石や金属の粒子が集まり、微惑星に成長し、惑星のもとになった、その後ガスの温度が下がり、たくさんの微惑星ができてお互いに衝突して合体し、大きな惑星に成長していった。

現在太陽系にある9個惑星と、その衛星はこのようにしてできた。太陽系の惑星のうち太陽の近くを回る水星、金星、地球、火星は、半径は小さいが平均密度が高く、主に岩石のようなものからできていて、地球型惑星と呼ばれる。太陽の遠くを回る木星、土星、天王星、海王星は半径は大きいのですが、平均密度が小さく、主な成分は水素など軽い元素で木星型惑星と呼ばれる。冥王星は半径も平均密度も小さく。どちらにも入らない。

できたばかりの原始地球は現在よりもずっと小さい、原始地球の周りに微惑星や隕石があり、地球の引力により微惑星の衝突がでしだいに大きくなった。このとき衝突によって生じたエネルギーが熱となり、原始地球はどろどろにとけ、マグマの海に覆われるになった。これはマグマオーシャンとよばれる。

この状態のときに鉄やニッケルなどの重い金属は、地球の中心に向かって沈んでいった。原始地球の中心部の金属と岩石が交じり合ったものだったが、沈んできた重い金属といれかわり、現在の核ができあがった、入れかわったもとの中心部は、現在の下部マントルとなり、その外側のマグマオーシャンも冷えて、上部マントルりなった。、

補足:
月はどのようにしてできたのか
この問題も古くからさばざまな考えがあるが、最近ではジャイアントイン.バクト説と呼ばれる学説が、確からしいと考えられるようになった。地球が誕生してまもなく火星ぐらいの大きさの惑星が衝突し、飛び散ったその破片が集まって月となったという考えだ。その後、月面にはたくさんの隕石が衝突した。

暂无回复

添加回复