2007
06.25

原始海洋的诞生


40亿年前,微型行星的冲击相对减少,熔岩海也随之冷却凝固形成地表,其温度也在逐渐开始下降,正因如此,原始大气中的水整齐凝结成水滴在上空形成云层, 包围了地球,形成了雨注入地表,地表因此渐渐冷却,随之,水聚集在凹陷地区,逐渐形成了原始海洋。

原始大气中所含的大量的二氧化碳溶于海水,大气中的二氧 化碳骤减,温室效应相对减弱地表温度逐渐下降被水流冲洗掉的岩石碎块被搬入大海堆积起来然后,岩石和水产生化学反应,岩石中的可溶性元素被分解,海水便含 有了盐分那时侯的海和现在的海水的量基本相同,并被认为含有可以合成生物体的物质

生命是如何诞生的
原始海洋中含有组成蛋白质的基本物质,经过各种各样的化学变化,随着基因的诞生细胞也逐渐形成了,这被认为是最古老的生物。最古老的化石是类似于细菌状态 的物质。石英被发现在在38亿年前的化石中,生命的诞生应该比它还早,普遍认为大概在40年前最古老的生物被认为是发生在阳光可以照射的到的浅海,也有开 始发生于热水涌出的海底的海藻之类的学说。

[日本語版]
40億年前には微惑星の衝突もめっきり少なくなって、マグマオーョンもしだいに固まり地球表面の温度も急に冷え始める。このため原始大気中の水蒸気は水滴となって上空に雲をつくり、地球を取り巻いていた。雨となって地表に降り注ぐようになった。地表の岩石はこの雨でますます冷やされて、しだいに水はくぼ地にたまり原始の海ができ始める。

原始大気の中にたくさん含まれていた二酸化炭素は海水にとけこみ、大気中の二酸化炭素は急に少なくなり、温室効果が弱くなって地表の温度はますます下がる。岩石は水の流れによって削り取られ、海に撙肖欷贫逊eした。また岩石は水と化学反応を起こして元素が溶け出し、海水には塩類などが含まれるようになる。このころ海水の量はすでに現在とほぼ同じくらいで、生物の体を作る成分が含まれていたと考えられている。

補足
生命はどこでうまれたか
原始の海の中にはたんぱく質のもとになる物質が溶け込んでいて、さまざまな化学変化を受け、遺伝子を伴った細胞ができて、最古の生物が誕生したと考えられている。最古の化石は微細なバクテリアのようなもので、チャートという38億年前の岩石に含まれているので、生命の誕生はそれよりも古く、約40億年前と考えられる、最古の生物は太陽の光が届くような浅い海で発生したという考えと、熱水が噴出すような深海底の海藻で発生したという学説がある。

暂无回复

添加回复