2007
07.06

星座的历史(1)

星座的开始 :

仰望夜空繁星闪烁,无序般散落天空的繁星,从特殊的星型排列,我们可以看到各种各样物质的姿态.

迄今5000多年前,底格里斯河(Tigris)和幼发拉底河(Euphrates)相挟的美索不达米亚(Mesopotamia亚洲西南部 Tigris 和Euphrates 两河流域间的古王国, 今伊拉克所在地)就是现在生活在伊拉克附近克罗地亚人。

他们虽然不是游牧民族,但也是整夜的守着羊群,或登上城墙仰望漫天的星斗,从何时开始已无从知晓,他们把天空中最耀眼的的星排列成动物和传说中巨人,英雄的姿态,星座遍这样诞生了

他们对星座以及其中行星的移位,日食月食等天文现象感到恐惧和不解,他们观测这些现象,占星术便这样产生了.这样沿着太阳,月亮,行星的星空运动轨迹的黄道12星座首先诞生了

希腊完成的48星座:

从古巴比伦王朝传来的的星座经过埃及和腓尼基(叙利亚沿岸的古国)当地人把自己的星座也溶入了其中,传导希腊时已经是集尽诸国的星座以及神话,他们巧妙的将多神教的深化结合,并发展.

古希腊诗人霍默的两大抒情诗<伊利亚特>与<阿迭舍亚>中大熊座与猎户座已然相继登场,公元前3世纪,诗人Alatos(这个 实在查不出来中文)以天文学者乌多西奥斯(Eudoxos)的名著<星空>为素材将其用诗歌形式表现出的同名长诗中歌唱了至今尚在使用的44 个星座,之后,天文学者喜帕恰斯观测了1022颗恒星后绘制了星图,记载了49个星座

之后,集古代天文学大成的2世纪天文学者地理学者数学家托勒密(地心说的创立者)的大著<天文学大成(Almagest)>(共13卷。元代传入中国)中作成的48星座相传至今.

「日本語ver」

星座の始まり

夜空に輝く星を眺めていると、無秩序にばらまかれているような星々にもなにかしら特徴のある星の並びがあって、イメージをふくらませれば、それが様ざまな物の姿や形に見えてくることがある。

今からざっと5000年もの昔、チグリス、ユーフラテスの両大河に挟まれたメソポタミア、つまり現在のイラク付近で暮らしていたカルデアの人たちにとっても、それは同じことだった。

彼らは遊牧民というわけではなかったが、夜もすがら羊の番をしつつ、あるいは城壁にのぼり満天の星を眺め、いつとはなしに目ぼしい星々の配列を動物や伝説上の巨人や英雄たちの姿に見立てて星座をつくりあげていった。

そして、星座の星々やその中で移動を繰り返す明るい惑星たち、日食や月食などの不思議な天文現象を恐れ、いぶかり、やがて観測し、星占いをするようにもなっていった。こうして太陽や月、惑星の星空 の通り道沿いの”黄道十二星座”がまず出来上がった。

ギリシアで完成した48星座:
バビロニアから伝えられた星座は、エジプトやフェニキアなどへ伝えられて広まり、それぞれの地方独自の星座もこれに加えられていっ た。さらにギリシアの人々は、これらの諸国から伝えられた星座や神話、伝説を受け継ぎ、彼らの多神教の神話と巧み に結び付け発展させていった。
古代ギリシアの詩人ホメロスの<イリアス><オディセイア>の二編の大叙事詩の中にもすでにおおぐま座やオリオン座などの星座登場し、 紀元前三世紀の詩人アラトスが、天文学者エウドクソスの著書を基に詠んだ天文詩<ファイノメナ>には、今でも使われている44の星座がその 中に詠いこまれている。さらに進んで、天文学者ヒッパルコスは、1000個の恒星の位置を観測して星表にあらわし、 49の星座を記した。
そしてそれは、古代天文学の集大成とされる、2世紀の天文学者で地理学者、数学者のプトレマイオスの大著<アルマゲスト>に受け継がれ、現在に伝えられる48星座が出来上がることになった。

暂无回复

添加回复